地域型住宅グリーン化事業 TOPICS

2019年度 地域型住宅グリーン化事業 事業運用方針を発表
  この度、国土交通省は評価事務局を通じて、 「2019年度の地域型住宅グリーン化事業」 の運用方針を発表しました。
  2018年度までは、工務店が複数グループに所属することが認められていましたが、本年度は 1グループ所属に限定 されました。
  グループ事務局についても、顔の見えるグループ編成とするため 1社が事務局を担うグループは原則2つまでに制限 されました。
  また、3以上の地方にまたがるグループや隣接しない2地方にまたがるグループは認められなくなり、工務店の所在地範囲の制限 がされました。
  事業の募集方法も変わりました。
  2018年度まではすべて事前枠付与方式でしたが、2019年度は 2期に分けられ、7月上旬〜10月末を 事前付与方式 、11月上旬〜2月上旬を
  先着順方式 となります。従来10月末ごろに国交省が、進ちょく状況を調査して、未使用枠分を、不足している工務店に移し替える作業をしていたが、
  2019年度は、決まった期間内に使用されなかった事前枠は失効となり、新たに 11月から先着順 で交付申請を受け付けることになります。
  未経験工務店が事業を活用した場合、上限戸数を引き上げられることになり、長期優良住宅の場合、通常5戸の上限戸数を、グループの工務店数に応じ
  て最大8戸に増やすことができ、高度省エネ型住宅の場合、通常3戸を最大7戸まで引き上げることが可能になりました。
  未経験工務店とは、2015年〜2018年の事業を活用した長期優良住宅やZEH住宅等の供給戸数が3戸以下の工務店になります。
  2019年度の予算は130億円で昨年度比で15億円増となります。
 ● 主なルール変更
  々務店の所属グループを1つに限定 (ただし、積極的にグループ活動を実施していると認められる場合は原則を除外)
 ◆.哀襦璽彁務局の掛け持ちを制限 (1社が事務局を担うグループは原則2つまで)
  工務店の所在地範囲の制限 (3以上の地方(関東,中部等)にまたがるグループ、隣接しない2地方にまたがるグループは原則NG)
 ぁ’枴額について、グループの前年度実績を翌年度の採択・配分へ大きく反映 (活用割合が一定未満のグループは不採択・大幅査定)
 ァ/柔措付について、年度途中より「先着順方式」に移行 (鬼と挟に分け、鬼は「事前枠付与方式」、挟を「先着順方式」とする)
 Α(篏金額の変更はなし (長寿命型・ZEH以外:100,110万円  ZEH:125,140万円  地域材加算:20万円  三世代加算:30万円)
  詳しくは、下記関連サイトをご参照ください。
   地域型住宅グリーン化事業評価事務局 Web ⇒ 2019年度地域型住宅グリーン化事業 事業運用方針 PDF
 
  TAS企画では、地域型住宅グリーン化事業の申請サポート及び採択後の長期優良住宅などの認定申請支援、
  補助金交付申請等を受け賜っております。 交付実績一覧
Mail
このページのトップへ