地域型住宅グリーン化事業 TOPICS

平成29年度 「地域型住宅グリーン化事業」 グループ採択結果を発表  805グループを採択
  国土交通省は 「平成29年度 地域型住宅グリーン化事業」 について、9月5日にグループ採択結果を発表しました。
  応募のあった 808 グループについて評価を行い、805 グループを採択しました。
  採択グループの一覧は、 評価事務局ホームページ にて公表されております。
  また、適用申請書の情報や応募及び採択・配分概要については、準備が整い次第、後日、同評価事務局ホームページにて公表されるようです。
  ● 公募期間
     本平成 29年 6月 21日 (水) 〜 7月 19日 (水)
  ● 応募状況
      応募総数
       808 グループ (内訳は平成29年度新規グループ 68、平成28年度採択グループ 738、平成27年度以前採択グループ
      グループの平均像
       ・ 1グループあたりの平均構成員数は 60社 (最大 556社)
       ・ 業種別の内訳は、原木供給 7社 (同 43社)、製材・集成材製造・合板製造 10社 (同 66社)、建材(木材)流通 7社 (同 85社)、
         プレカット加工 5社 (同 58社)、設計 10社 (同 100社)、施工 21社 (同 337社)、木材を扱わない流通 1社 (同 31社)、
         その他 1社 (同 31社) ※ 平均構成員数は事業者が複数の応募グループに所属する場合を含めた重複集計とする。
      要望と採択結果について
       ・ 応募のあった808グループの要望額は、計 818.4億円 (77,121戸、3,150棟)
       ・ 評価の結果、805 グループを採択した。 配分の内訳は以下のとおり。
         【 長寿命型 (長期優良住宅) 】 6,319 戸相当
         【 高度省エネ型 (認定低炭素住宅) 】 536戸相当
         【 高度省エネ型 (性能向上計画認定住宅) 】 353戸相当
         【 高度省エネ型 (ゼロ・エネルギー住宅、制限無し枠) 】 344戸相当
         【 高度省エネ型 (ゼロ・エネルギー住宅、未経験者工務店枠)】 1,176戸相当
         【 優良建築物型 】 145戸相当
         計 8,728戸相当、 145戸相当
        ※ 長期優良住宅、認定低炭素住宅、性能向上計画認定住宅は 100万円/戸、ゼロ・エネルギー住宅は制限無し枠で 150万円/戸、
          未経験工務店枠で 165万円/戸、優良建築物型は 175万円/棟として算出。
  詳しくは、下記関連サイトをご参照ください。
   国土交通省 報道発表資料 ⇒ 平成29年度地域型住宅グリーン化事業 グループ採択結果
   地域型住宅グリーン化事業評価事務局 Web ⇒ http://chiiki-grn.jp/
 
  TAS企画では、地域型住宅グリーン化事業の採択後の各申請サポート及び、評価機関での長期優良住宅認定や
  BELS認証の適合書取得サポートなどを受け賜っております。 ご相談ください。
Mail
このページのトップへ